vio脱毛って恥ずかしいですよね。

キレイモデリケートゾーン(vio)の脱毛はどんな格好、大勢?恥ずかしい?

ほとんどの脱毛サロンでデリケートゾーン(vio)脱毛の施術を受けるときには、柔らかい紙製の使い捨てショーツが準備されています。
使い捨てショーツは、一般的な形の場合や、Tバックだったりと、キレイモなど脱毛サロンにより細かい違いがありますが、ほとんどがゆったりした格好になります。
その使い捨てのショーツを穿いている状態で、位置をずらしながらデリケートゾーン(vio)脱毛の施術を施していくので恥ずかしいというわけではありません。
まれに、下半身はタオルだけ身に付けて、デリケートゾーン(vio)脱毛の施術を施すキレイモノような脱毛サロンも存在します。
美容外科クリニックなどの医療機関でデリケートゾーン(vio)脱毛の施術を受ける場合は、Tバックのショーツが手元にある場合などは脱毛当日に持って来る様に言われたり、下半身に何も身に付けないこともあります。
上半身の格好は脱毛サロンにより違ってくるのですが、キレイモみたく上半身はそのままで、下半身だけ使い捨てのショーツに穿き替えるか、洋服は上半身も脱いでタオル地のガウンに着替える場合もあります。
施術するスタッフは女性で多くても二人までということが多いです。
VラインやIラインの施術をする場合は、仰向けに寝て、多少ガニ股になって足を軽く開いた格好になります。
使い捨てのショーツを穿いた状態で、ビキニラインの位置をずらして施術を施すため、あまり恥ずかしくありません。
Oラインの施術をする場合は、うつ伏せになるか、四つん這いの格好になります。
四つん這いの場合は多少恥ずかしいかも知れませんが慣れたスタッフが淡々とこなすので抵抗はありません。

 

キレイモの口コミと予約の事【月額vsパック…効果のある回数は?】へ戻る